関西の有名なベッドタウン|無駄を削減したローコスト住宅は他の住宅よりも費用がかからない
家

無駄を削減したローコスト住宅は他の住宅よりも費用がかからない

関西の有名なベッドタウン

メンズ

特急が停車する街で便利

枚方市は大阪と京都の中間地点にあるベッドタウンです。大阪市内から枚方市に転居してくる人が多いのは交通アクセスが良いからです。枚方市には私鉄電車の特急が止まるので、大阪の中心部へ通勤するには非常に便利です。また京都へも30分程度で行けるので、新築一戸建てを購入するには適しています。交通アクセスが良いわりには自然環境が残っており、広い公園などもあります。小さな子供のいる家庭などは子育て環境がいいので、枚方市郊外に新築一戸建てを購入する人が多いです。郊外の新築一戸建てなら、大阪市内の賃貸マンションと同程度のローンの支払いで済みます。また周辺の市町村と比較しても枚方市の教育環境は整っており、小中高大学と一応の教育施設があります。地元で小学校から大学まで通えます。

新築住宅は郊外で購入する

関西でベッドタウンといえば枚方市をイメージするぐらい、宅地開発が進んでいる街です。そのため人口も急増して今では40万人を超えています。人口が多いので商業施設も充実しており、駅の乗降客の数も多いです。住宅地として人気があるため、平均地価が平米当たり13万5千円と大阪市内と同程度の価格です。初めて新築一戸建てを購入する若い世代にとっては、頭金をそれなりに準備しておかないとローンの負担が重くなります。頭金が少ない場合は市の郊外で物件を探すことになりますが、多少のアクセスの不便さは環境の良さで我慢することができます。新築一戸建て情報はインターネットである程度のメドをつけて、実際に枚方市内にある不動産屋を探す方が良い物件を見つけやすいです。