暮らしやすい北摂地域の街|無駄を削減したローコスト住宅は他の住宅よりも費用がかからない
家

無駄を削減したローコスト住宅は他の住宅よりも費用がかからない

暮らしやすい北摂地域の街

住宅

都市機能と自然環境が共生

新築一戸建てはサラリーマンの夢の1つですが、実際に購入するとなると街の選び方で迷いが出ます。新築一戸建てを購入して暮らし始めてから後悔すると、大変なマイナスです。賃貸ならすぐに引っ越せますが、マイホームを持つと一生その街で暮らすことになります。街を選ぶ時には家族が最も必要としている条件を決めることです。その条件を満たす街を探せばいいのです。もしも色々な条件が出て絞りきれない時は、それらの条件のいくつかでも満たしてくれる街を探します。例えば関西でいえば川西市です。北摂エリアは元々新築一戸建てを購入するには適しているといわれています。その理由は都市機能と自然環境がほどよく調和しており、世代を問わず暮らしやすいからです。川西市は全ての条件を満たす街ではありませんが、いくつかの条件はクリアできます。

北摂地域で最も地価が安い

マイホームを持つということは、その街で一生暮らすということです。そのためには多少ローンの支払いが高くなっても、人気のある街で新築一戸建てを購入したいという気持ちはわかります。しかし将来にわたっての生活設計をしっかり立てておかないとマイホームを維持できなくなります。小さい子供がいる家庭は子供の教育費を確保する必要があります。大学まで進学すれば1000万円以上の学費が必要になります。その点を考えてローンを決めるべきです。川西市は住みやすい環境でありながら、地価が安いという特徴があります。電車が2路線あるので、大阪の中心部まで20分程度で通えます。平均地価が平米で11万ぐらいで、同様の街と比べても一番安くなっています。将来の生活設計を考えた場合、川西市は最有力候補になります。