室内

無駄を削減したローコスト住宅は他の住宅よりも費用がかからない

関西の有名なベッドタウン

メンズ

関西のベッドタウンといえば枚方市です。大規模な開発が行われて人口も40万人を超えています。人気の理由は住環境が整っている点と、大阪や京都へ30分で出られることです。教育や医療環境も充実しており暮らしやすい街です。新築一戸建てを購入する場合には地価が高いので、郊外の物件を探すことになります。

View Detail

暮らしやすい北摂地域の街

住宅

関西で北摂エリアは暮らしやすいことで知られています。その中でも地価が安くて新築一戸建てが買いやすいのが川西市です。電車が2路線ありますし、大阪の中心まで20分足らずで行けます。自然環境が豊かでありながら都市機能も備わっており、日常生活を快適に過ごすことができます。ローンを低く抑えるには適した街です。

View Detail

コストを抑える

つみき

ムダを省く

憧れのマイホームを安く購入したいと、ローコスト住宅を望む人が多い。ローコスト住宅とは言葉通り費用を最小に抑えた住宅のことで、ひとつひとつムダを省いている。悪く言えば質より安さ、良く言えば経済に貢献できる家だ。しかし、ローコスト住宅だからといって貧相なわけではなく、実際に見学してみるとそれほど質の悪さは感じないと言われている。それは使用する資材が1度に大量生産されることに秘密がある。住宅だけに言えることではないが、化粧品でもお菓子でもたくさん作り、大量に仕入れると必然的に費用を最小に抑えられるのだ。また、優良なローコスト住宅を紹介しているサイトもある。会社がたくさんあってどこを選んだらいいのか分からないという人は、それを利用してみるのも良い方法だ。

トータルで考える

グレードが高くないバスタブやキッチンを取り入れていることもローコスト住宅が費用を安くできる理由につながっている。また、一般的に家の保証期間は10年以上からが常識とされているが、ローコスト住宅の場合、期間が2年とあまりにも短い会社がある。そのため、購入前に保証期間がどれくらいかを見ておかなくてはならない。ローコスト住宅は費用が安く済むのが良い点だが、決めるときはまずデメリットを知って、それが許せる範囲なのかを冷静に考えてみることも大事だ。資材がひとつひとつしっかりしているが、それ以外が自分の好みと合わないこともあるかもしれない。これらをトータルで見て、欠点があってもこの価格なら十分安いと感じた物件を選ぶと良い。

暮らしやすいエリア

部屋

神奈川県茅ヶ崎市は湘南という有名な人気エリアがあるところで、東京や横浜に比べ土地の価格も安いので住宅地としても発達しています。東京まで1時間という交通の便があり、茅ヶ崎駅付近で日用品を買いそろえることもできます。また海岸線にはサイクリングロードもあるので、ジョギングや散歩などが楽しめます。

View Detail